テット『サイロ・エフェクト』 — 文化人類学の逆襲

サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠 (文春e-book)

橘玲氏の書評を読んで興味が出たので読んでみたが、面白い! もっと読まれるべき本だし、この書評で扱われている内容よりも遥かに広いスコープを持った本で良いと思う(橘玲氏、最初の2章からしか紹介してないけど後半も読んでるのかなぁ。別にいいけど)。

この本には刺激的な内容がいくつもある。データ・サイエンティストたちがニューヨークのサイロをまたいだデータを分析して様々な問題をあぶりだす話や、OpenTableの重鎮がシカゴ市警に転職して成果を上げる話など、コンピュータナードに響く話もあるが、フィナンシャル・タイムズの記者をしていた著者だけに、金融ネタ……とくにサブプライムローンの問題がどうして見逃されてきたかをサイロの視点で解き明かしていく部分が一番分量があるし、読みどころなのかもしれない。個人的には、ソニーのサイロ化の話を受けたフェイスブックにおけるサイロ対処の取り組みの話が面白かったし、ある種の組織論にもつながっている。

余談ながら、ソニーの事例で面白かったのは、ストリンガーがサイロを壊せなかったのは日本語を喋れなかったからじゃないか、というくだり。現場を動きまわってそこで何が起きているのかをつかむ、ということが(言語の壁によって)できなかったストリンガーは、指示を下してもなかなか思うように動かないもどかしさに絡め取られていく……。

一方、成功事例のほうは褒めちぎりすぎというか、これはこれで眉に唾をつけたくなる面もある。ほんとうにこんなことでうまくいくのかなぁ、みたいな難癖をつけたくなる気持ちもある。が、それはたぶん正しい読み方ではないのだろう。どのようなサイロがあるかによって対処すべき施策は変わる。ある状況におかれたときにどう動いたか、という事例研究でしかないと見るべきなんだろう。

それはさておき、いっぽうで著者が強調するのは、サイロがそれ自体で悪だというわけではないってことだ。というか、ものごとが専門的になり、効率化をすすめる上でサイロは必然的に構築されていくものだ。たとえばサイロを打破しようというフェイスブックの事例では、取り入れた施策によって、逆に物事の効率が下がってしまうこともあると説明されている。でもサイロにとらわれすぎてしまうと長期的には大きな問題を抱え込むことにもなる。「サイロを克服するには、この両極の間の細い道をうまく渡っていかなければならない」というわけだ。

文化人類学の視点

ただこの本が本当に面白いのは、こうしたサクセス・ストーリーや失敗事例の紹介にはないと思う。むしろ著者の背景が関係していると見るべきだろう。

テットは学生時代は文化人類学を専攻しており、旧ソ連の支配下にあったタジキスタンの僻地の村で参与観察をしていたらしい。その後ジャーナリストに転身したわけだが、この「文化人類学的な視点」がサイロの分析に役に立つ、というのがこの本の主要な主張である。

こういう話に文化人類学のような分野を応用するっていうのがぼくは大好きなので、この時点でこの本は勝ちだな、と思った。

もちろん文化人類学だけがそのように特権的地位があるわけではない。が、インサイダー兼アウトサイダーであるとか、「踊らない者」であるとか、秀逸なキーワードを使いながら語るのが本書の持ち味と言えるのではないか。文化人類学の発展、とくに西欧の工業化社会のありようも文化人類学の領分となった過程も丁寧に紹介している点も面白い。

おすすめ。

 

MMRがディープラーニングを敵視している件

話題の↓のツイートなんですけど、これ新刊の単行本なんですね: 新生MMR迫りくる人類滅亡3大危機!!

MMRの新刊がでてたとは知らなかったのでさっそく買って読んでみたんですが、読んでみると意外とこう……真面目なネタをいろいろ仕入れてるなあと。

この本、「三大危機」というタイトルにあるように、三話構成でそれぞれ別な理由により人類は滅亡の危機なんですけれども、一本目は太陽フレアで人工衛星が狂ってスペースデブリで大変なことに!というやつ。二本目はスーパーボルケーノで人類が滅亡する!というやつ。で最後はシンギュラリティの到来によりAIが人類を滅ぼす!と。ディープラーニングはこの文脈。ホーキング博士がなんか言った件なども引用されていたりして、なんというか……なんだろうなこれは、っていう気分になる。

Screenshot_20160422-001251.png
ホーキングあんま似てない気が……

もちろんそこにノストラダムスやレジデンス・オブ・サンを盛り込んでみたり、なんだかいろんなよくわからないネタを盛り合わせてみたり、話を過剰に展開させるなどして荒唐無稽なところまで話をつき進めていくのだし、そこに至るまでのドライブ感はいつもどおりではあるんだけど……とくにイエローストーン地下のスーパーボルケーノ! それなんていうかこう、実話じゃん、みたいな。そこの部分は。

なんとも不思議な読後感になるのであった。

ただ、中高生を中心に読まれていたころとは時代も違うし、読者層も違う(いまは当時の読者層であるオッサンが主力だろうし)。そうした状況においては、これのほうがいいのかもなあ。虚実のバランスの取り方を考えてしまった。


うってかわって巻末の番外編はキバヤシの馬鹿話。かなり笑いました。キバヤシ先生、神の雫でもないのにワインポエムを詠んでいらっしゃる……!

そしてあとがきのボヤキもなんとも味わい深い。

でもやっぱり面白さでいえばひとつ前の復活編のほうが面白かったかなぁ。この見開きの面白さである。

2016-04-21
お前今更何言ってんだ

シアトルに行ったのでスタバ一号店に行ってきた

ちょっとシアトルに出張に行ってきた。土曜に空き時間を作ったので市内観光ということで、スターバックス1号店にも行ってきたのだった。

諸般の事情でホテルはカークランドエリア(シアトルからはワシントン湖を挟んで反対側、車で30分ぐらい)にとっていたので、路線バスに乗って近くまで来てテクテク歩く……歩く。それにしてもシアトル市内、スタバ多すぎないか。日本のコンビニぐらいの密度でスタバがあるぞ。

さて適当に近づいてくると妙に商業的に栄えた……というか、観光地化したエリアにたどり着く。その中を歩いていったらそれらしいものを見つけた。というかすごい行列。店の外まで列が伸びている。スタバのくせに。

IMG_20160416_125323

店内も人だかりで、とてもゆっくりできる感じではない。客もみんなで自撮りしまくっておりなんなんだこれはなんの店なのだ、という気分になる。

そこでは記念品(この店舗でしか売ってないという触れ込みの、昔のロゴのマグ)とカフェラテを買い、混雑から脱出。近くの観光エリアのベンチでカフェラテを飲んでいく。なんの変哲もないいつものカフェラテだが風景は素敵。

で、カフェラテを飲みながらスタバ公式サイトの紹介記事を読んでみると、ちょっと話が違う。

まず内装写真が全然ちがう(こんなに広くない)し、テーブルが云々とかトイレが云々とか、あまりにも違う。おかしいなと住所で検索してみると、ちょっとずれている位置にある。

https://www.google.com/maps/place/102+Pike+St,+Seattle,+WA+98101/@47.6090899,-122.3421025,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x54906ab2fe9acb81:0xa02a33c8ba2ae24

IMG_20160416_150623

あ、行く途中に存在には気づいてたけどスルーしたこっちのやつか! 騙された、というのとは違うが(何せここが一号店でござい、とは誰も言ってない。人が多い、ロゴがちょっと違う、記念グッズ売ってる、などから勝手に勘違いしていただけだ)、しかし、なんだったんだあの混雑は。

(追記:けっきょく私の勘違いであり混んでいる方であってたというツッコミを受けました https://twitter.com/kzys/status/721878319029821441)

ともあれカフェラテを飲み終えたのでそっちにも行ってみた。

IMG_20160416_141121

こっちも人はそれなりに多いけど、先ほどの店舗と比べると随分空いていて落ち着いた雰囲気だ。変な観光地っぽい雰囲気もなく、むしろ真剣にコーヒー豆を選んでいるおじいさんがいたりして、地元民に愛される普通のスタバの雰囲気に近い。

メニューには店の前のストリート名を冠した豆があったので、これがイチオシであろうということでその豆を頼んだ。店内に配されたCLOVER(という特殊なコーヒーメーカー。動作がなんだかかっこいい)で淹れられたコーヒーは……まあいつものスタバのコーヒーであってあまり美味しいものではなかったけれども(そもそも僕はスタバに代表されるセカンドウェーブコーヒーは好きではない)、今回はそれでいいよな、ってことで大テーブルでのんびりとジョジョ4部を読みながらコーヒーと一号店の雰囲気を楽しんだ。

なお完全なる余談かつウィキペディアからの引き写しですが、スターバックスというのはそもそもサンフランシスコ在住の3人組が創業した時は、コーヒー豆をローストして売っていた店であって飲み物としてのコーヒーを売る店ではなかったらしい(『白鯨』に由来するスターバックスという名前は、英語教師、歴史教師、作家であったという3人の出自が大いに関係していることだろう)。そして3人と親交があり、コーヒー豆を焙煎する技術を伝授したのは誰であろう、Peet’s Coffeeの創業者であるAlfred Peetその人なのだという(と言っても知らない人は多いでしょうが、Peet’sはカリフォルニア州バークレーで創業されたカフェチェーンで、シリコンバレー・ベイエリアにはやたらいっぱい店舗がある)。

スターバックス創業者たちはその後80年代にPeet’sを買収するが、さらにその後、スターバックスの元従業員で当時は別のカフェを経営していたハワード・シュルツという男にスターバックス自体を売却してしまう。ハワード・シュルツは自分の事業をスターバックスの名前でリブランドして事業継続、もともとのスターバックス創業者たちはPeet’sの運営をしていたということのようである(ハワード・シュルツをスターバックスの「創業者」と見なすのは、この意味では正しい。現在スターバックスとして知られる事業体の創業者はハワード・シュルツの方ということになる)。ついでに言うとPeetはオランダ人だったし、現在のスターバックスのスタイルはどちらかといえばハワード・シュルツによるもののようだ。

という話を知って私はむしろPeet’sのことが少し好きになったが、さてではスターバックスの一号店とは実際にはどの店のことなんだろうか?

少なくとも公式サイトに「1971年」と書いてあるこの「一号店」は、最初に3人が創業したスターバックスの店舗であるようだ(細かく言うとほんとのほんとの創業地からすぐに移転したのが現在この「一号店」の店舗だという)。すると、ハワード・シュルツがIl Giornaleという名前で創業したカフェの場所、というのもきになるところ。どこかに残されているのだろうか?

IMG_20160416_133338
本題とは全く関係ありませんが、「偽」一号店脇にいたストリートミュージシャンが連れていた猫が可愛かった

イングリッシュブレックファストうどん

作ってみたよ、話題のイングリッシュブレックファストうどん。

食べてみたけれども、ふむふむ、ふーん? となるな。

まあうまい。確かにうまい。なぜか違和感がない。でもこれ食ってる時の感じというのは、端的に言うと「ああうどんとベーコンと目玉焼きを食べているなあ」という感じではないか。そのことに何の文句があろうか? と問われれば何の文句もなくうまいわけだけど、ここにもう一段の飛躍を期待したいところではないか。これはあくまでも起点、アメリカンスシにおけるドラゴンロールいやその前段階であって、ここからはじまるカンブリア爆発的な展開がありえないものだろうか。何言ってんだろうな俺。

もう少し面白そうな展開はないだろうか? たとえば薄切りの生牛肉が乗ってたりとか、とんかつが乗っていたりとか、チョリソーにチーズを乗せたりとか、パクチーが入っていたりとか……って、それあんまやりすぎるとWagamamaになるんじゃね?という気もするな……。

まあそのうちまたやってみますよ。

Batman v Superman。かっこいいんだけどねえ……

IMG_20160403_104125

世間の評判どおり、うーん、て感じでしたね。

ザック・スナイダー先生はたいていいつも、画面はむちゃくちゃかっこいいんですが、話のほうがどうにも、なんだかよくわからない感じになってしまっている。これもそんな感じ。

なんでこんな話なんだっけ? なんでこんな展開なんだっけ? という疑問が多すぎでは。長い話なのに、キャラの動機付けなどが今ひとつよくわからなくて、どうしてこういう展開になったのか、この時点でなんでこのキャラはこういう行動だったのか、などがもう一つよくわからない。

そもそも今回の悪役、レックス・ルーサーは何がしたかったのかよくわからないし、ブルース・ウェインのほうも、なぜレックス・ルーサーと協力しないのかとか、でないにしても両者の違いが明らかになるようなくだりはなかったような。ワンダーウーマンが参戦する流れも、なんでなんだかよくわからない。途中の白昼夢もさあ、ああいう絵面はみんな好きだと思うし俺も好きだけど、でもいらないよなあ。

でも映像はとにかくかっこいいんだよね。こういう映画においてかっこよさは正しさではある。とくにベン・アフレックのバットマンのかっこよさ(とフランク・ミラーの描くバットマンぽい感じ)はかなりよかった。アルフレッドとのコンビもいい感じ。

Screenshot 2016-04-03 at 17.04.12
“frank miller batman” の検索結果。顎の角ばった感じがよい

でもなあ、それだけじゃなあ、って思うんだよな。もうちょっとこう、あるだろう。なにか。

Charlie Jane Anders “All the birds in the sky”

51vukwwcsul-_sl250_

Charlie Jane Anders “All the birds in the sky

なんというかこう、面白かった。全体的に。

現代アメリカを舞台に、主人公の少女、パトリシアは幼い頃に森や鳥たちと会話するという不思議な体験をし、やがて魔女になるという夢を抱く。いっぽうもう一人の主人公となる少年、ローレンスは科学オタクで、いろんなものを自分で作るエンジニアになりたいと思っている。ふつうの生活から少し外れたふたりは、中学校の仲間はずれ同士として出会う。ふたりは道を分かち、やがて時は流れ……。

第一部は幼少期、第二部が中学生編、三部以降が現代っていう感じなんだけど、第二部が面白い。二人のささやかな交流、作った機械や魔法の話、どれも魅力的。魔術と科学という相容れない世界が不思議に面白いかたちで融合していると思う。こういうの好きだってのもあるなあ。ほんとうは二部までは伏線で本番のストーリーが炸裂するのは三部以降というのが著者の意図だとは思うけれど。

基本的なおもむきはファンタジー。現代社会に魔女たちの秘密組織があるような話だし。でも、この手のファンタジーによくあるような、自然を称揚するような単純なものでもない。その逆に、科学が魔法を解き明かすようなSFでもない。魔法と科学が融合するようなかっこよさも、べつにない。ただ単に両者が併存していて、でも基本的には両者は相容れない……けれども、主人公二人の関係性を通して両者が不思議な交わりを見せる。

派手さはないけど、良いものでした。

Performance@Scale雑感

少し前、なぜかPerformance@ScaleというFacebook主催のカンファレンスのinvitationをゲットできたので、行って聴講してきた。直接の仕事にはあんまり関係ないけど、どうやって高いパフォーマンスを実現できるのか、測定できるのか、といったテーマの話で、なかなか面白い話が多かった。

動画などが https://code.facebook.com/posts/997355933686556/performance-scale-2016-recap/ でまとめられているから見ると面白いと思う。

個人的に面白いと思ったのはパフォーマンスリグレッションの特定の話(Automatic regression triaging at Facebook)。実際のサーバについて様々な性能(応答時間とか)をグラフ化しておくと、まあ実際にはガタガタしているわけだけれども、うまいこと定義を作ればパフォーマンスが悪化したタイミングを捕まえることができる。これはまあ普通。で、その悪化したタイミングに変更を行った人にアラートを送って直してね、っていう。これもまあ普通だよね。

で、面白いのは、このスピーカーはfacebookの人なわけだけど、現実にはプッシュのタイミングは1日1回とか数回に限られるので、悪化したタイミングと言っても数百、数千といった変更が候補になってしまって、意味がないと。なのでこれをどう自動的に絞り込むかが鍵となる。でどうするかというと、悪化したパターンのコールスタックを取り、コールグラフからパフォーマンスに影響のある関数を特定して、その関数やコールスタックに影響のある変更に絞り込んで云々、というもので、なるほど面白い。まあこの問題がだいじになる世界というのはそれほど多くはないだろうけれど。

もうひとつ、Facebookのウェブパフォーマンスの話で、ストーリー自体は基本を押さえたものだと思うけれど、Facebook内のコードスニペットがとても面白かった。

というのは、PHPではなくてHackのコードスニペットな訳だけど、Hackこんなんなのか!というので驚いた。PHPに型注釈をつけたもの、というのが私の荒い理解だったのだけれど、さすがに荒すぎであった。

  • async/awaitなんてあるんかい
  • Awaitable<>のようなパラメトリック型
  • ScalaのようにHTMLの断片をコードに直接書けて、これがReactと統合されててReact DOMのオブジェクトになるらしい

などなど……Hack思ったより遥かに進化しているし、FacebookはもうPHPじゃないのかもなあと思ったのだった。

Facebook以外だと冒頭のBrendan Greggの話や、Chromiumのヒストグラムを解説するJim Roskindなどは面白かった。

Brendan Greggはかつてdtraceを開発していた筋金入りのパフォーマンスエンジニアで、話も面白かったのだが、「10年前もdtraceの話をして……それからキャンパスはだいぶ変わったけれど、トピックや解析の内容は変わっていない」っていう冒頭のつかみ、あとで雑談していて気づいたけど、Brendanはまさにそのころ、会場のFacebookキャンパスのあった場所にあったSUNで働いていてdtraceを開発していたっていう話だったのだなあ。時の流れに思いを馳せたりした。

ズートピアみてきた

ディズニー映画のZootopiaみてきました。

いやあ面白いしよくできている。ありとあらゆる動物が共存して暮らしている大都市ズートピアでウサギとしてはじめて警官となった主人公のジュディ、という子供向けのような設定と、体格も食生も違う動物たちがともに暮らすということによるダイバーシティ(多様性)を核に据えたテーマがうまく一致している。

映像的にも、冒頭の雨の降るシーンのような鮮やかな映像もすばらしいし、動物たちに合わせた都市デザインの面白さもあってよい。動物もそれぞれユニークに描けていて面白い。擬人的ではあるけれども動物らしさもあるディズニーらしい良さがあるなあ。Mr. Bigの椅子の手すりがかわいいとか細部も良いよ。

まあ一番笑ったのは全員ナマケモノのDMVのシーンで、だいたいトレイラーでカバーされてますけども。

アメリカの囲碁

ちょうどたまたま会社のski tripがあったので、僕はTahoeのホテルにいた。

ざっくりski tripと呼ばれていたけれどもスキーだけをするわけじゃなくて、ホテルの一室が解放されて、皆がゲームを持ち込んだりしていて遊ぶ部屋になっていたのだけど、囲碁を持ち込んでいる人がいて、軽く遊んだりして(僕はまあ7-8級程度なので教えてもらう立場ですが)、そこでAlphaGoの話が出てきた。今日初戦ですよ、ということで、じゃあみんなでみようよ、ということになった。

残念ながら大きなモニタもないし、ホテルのWiFiは腐っているので、携帯電話の小さい画面でみんなで視聴した。碁盤があるので、試合が進むごとにそこに碁石を並べる方式にした。他にもゲームをやってるグループが多数いるので、騒音で解説は全く聞き取れなかったが、その場にいる人たちとあれこれ話し合いながら見るのはかなり楽しいものだった。

それにしても、意外と囲碁人口って多いんだな、と改めて実感したものである。

もちろん中国系や韓国系、私のような日系の人々もいるけれど、そういう東アジアの人々以外のプレイヤーもかなりいる。集中して観戦していたのは私を含めて5-6人といったところ、周辺全部を足すと10人以上は見ていたか。だが東アジアの人々の割合は半分くらいだったろうか。また観戦する中で一番強い人は白人の人だった。

囲碁は確かにルールもシンプルだし東アジア特有のものというのもない。やりたい、という人がいればできない理由はどこにもない。それにしてもと思うのだった。もちろんエンジニアみたいな職種であるとか技術系の会社であるといった理由から、こういう変なゲームも嗜んでいる人というのが多いというのはあるわけで、全米で平均的にそこまで普及しているなどというのは幻想ではあるけれども、にしてもここまでかー、などと思ったりした(ちなみに日本人の同僚が将棋セットを持ち込んでいたけれども、こちらはあまり興味を示されていなかったようである)。

もう一つ面白いと思ったのは、囲碁用語だ。囲碁というのは中国が発祥なわけだけれども、英語圏における囲碁の用語はかなり日本由来である。コミ(komi)やコウ(ko)、定石(joseki)のような用語もそうだし、情勢について語られる用語であるコスミ(kosumi)、カカリ(kakari)、見合い(miai)、先手と後手(sente、gote)などの単語も全部日本語由来だった。一部訳されている語もあって目はeyesだし、受けに相当する語がanswerだということは今回初めて知ったけれども、まあともあれ、全般的には日本語由来がめちゃくちゃ多い。正直、解説を聞いていてもそこだけでちょっと面白い。

英語版の公式ストリーミングで解説していたのがマイケル・レドモンドというカリフォルニア出身ながら日本でプロ棋士になった人だから、かというとそうでもなく、わりと一般的に囲碁用語は日本語由来のものが多いようだ。どうも英語圏に囲碁が伝来した過程が透けて見えるようで面白い。

アメリカンドッグを作ろう

アメリカンドッグという食い物があります。ソーセージのまわりに衣がついたやつで、まあ駄菓子ですな。コンビニとかによく売ってますが、たまに食べたくなる。

なおアメリカではcorn dog(コーンドッグ)といいます。

そんな「なきゃないでべつに困ることもないが、そういやなんとなく食べたくなる瞬間もある」食い物のアメリカンドッグですが(しかしこの名前はどこから来たのだろう?)、家庭で作れると知って「それは作ってみなくては」と思ってはや数ヶ月。

作ってみた。

IMG_20160213_155553
うーんひどい見た目

手順(http://cookpad.com/recipe/408665 を参考に)。

  1. スーパーで適当なソーセージと串を買ってくる
  2. ソーセージはナマのやつだったら中まで火を通す。そんで小麦粉をまぶす
  3. ホットケーキミックスと牛乳で衣を作り、串を刺したソーセージにころもをつけ、揚げる
  4. 揚がったら出来上がり

揚げたりするし、意外と衣がうまくつかないので(写真の事例は牛乳が少なく、やや粘度が高すぎた)、綺麗に作るのはもう少し練習が必要かも。

味はまあ油と炭水化物と肉の味なので間違いはない。しかも自作の場合、ソーセージや肉の味の存在感が強い(ふつうのアメリカンドッグはやや淡白なソーセージがなかに入ることが多いと思いますが、自作の場合自分で決められるので……)。見た目はイマイチですが、正直これはどうやってもウマくなる味だなと思って、なかなか良いとは思いました。

難点はかなり不健康そうというところでしょうか。あとソーセージとかホットケーキミックスとかが余るんだよな。