月別: 2017年1月

ベイエリアのポケ丼

ランチにポケ丼(poke bowl)を食べた。

IMG_20170116_131648.jpg

それにしても最近シリコンバレー界隈では、poke barとかを名乗るポケ専門店があちこちに開店しているなあ……と思って検索して見つけたのが San Jose Mercury 紙の http://www.mercurynews.com/2016/09/13/bay-area-poke-not-pokemon-trend/ 。

やっぱりとにかく増えているらしくて、2015年初からの約2年で20店舗以上が開店しているのだそうだ。増えたもんな。

ほかにもいろんなトレンドが紹介されているんだけど、これってようするに、ハワイのもともとのポケにどんどんアレンジを加えて、この辺の人好みのテイストの料理に変質させていっている、ということなのね。 Go Fish Poke Bar という店舗を作ったジェローム・イトウさんがポケにアメリカン・スシのテイストを導入したらしく、これが受けたのが一つの流れになっているのでは、とぼくは読んだ。

そもそもポケっていうのはハワイの料理で、(ぼくの理解では)角に切った生魚の切り身を醤油とかのソースでマリネしたものだ。ヅケとかに近い。ハワイとかではスーパーの惣菜でよく売ってる(ベイエリアにもわりとある)。でもいまベイエリアで流行ってるpoke barのはけっこういろいろ違う気がする。ハワイのことはよく知らないけれど。

いまベイエリアの典型的な poke というと、まず丼メニューになっていてご飯のうえにのっている(これはまあハワイにもあると思う)。魚はソースに漬けられてなくてナマのままになってて、魚を何種類か選んで、ソースもいくつかある中から選ぶと、お店の人がその場で和えてくれる。で、いくつかあるトッピングも選んで全部をあわせて完成。トッピングは店によっていろいろだけど、ガーリックとかネギとかカニとか、あとトビコ(マサゴ)とかが典型的。ご飯も玄米か白米か、みたいなので選べるし、ソースも醤油ベースなものからスパイシーなものから各種ある。でもまあ概ねアジアンテイスト。

で、これってなんか、ポケと海鮮丼(あるいはちらし寿司?)の中間みたいな、不思議なアレンジの食べ物だなって思ってる。なかなか美味しいし、コッテリにもあっさりにもできる。トッピングとかいろいろ選べるあたりはこの辺の人の好みに合っている。まあよくできてますよ。

これだけ新規開店したら過当競争化してクオリティが下がってやばい店も増える気もするけど、今のところ味は一定で安定している(逆に、どこの店が特別に美味い、とかはあまりなくて、どこでもまあまあ同じような感じ)。アメリカンスシの店みたいな感じで、このまま定着していくんだろうか。